【Unity】スクリプトからOpenURLでWebブラウザを立ち上げて、Twitterに文章を入力してみる

今回は、UnityのスクリプトからWebブラウザを立ち上げる方法です。

皆さんもゲームをしていてお問い合わせボタンを押したらブラウザが立ち上がってお問合せフォームが表示された、という経験があると思います。
他にも、ゲームのお知らせやプライバシーポリシー、おすすめゲームの誘導ページを表示するなどといった使いみちもあります。

Unityでの実装方法は極めてシンプルで、たった1行で実現できます。
それだけの紹介ではあまりにあんまりなので、
「Twitterを開いて自動でツイート文が入力された状態にする方法」も合わせて紹介しようと思います。

ブラウザを立ち上げる方法

using UnityEngine.Networking;
まず、この名前空間を使います。
Application.OpenURL(url);
String型 の url に表示したいURLを代入しておき、OpenURL関数に渡します。
これでブラウザが立ち上がり、url で指定したURLを表示します。 


ツイッターに自動でツイート文を入力する方法

string esctext = UnityWebRequest.EscapeURL("『いらいらバスケット』やろうぜ!\n");
string esctag = UnityWebRequest.EscapeURL("無料ゲーム");
string url = "https://twitter.com/intent/tweet?text=" + esctext + "&hashtags=" + esctag;
EscapeURL関数を使って、ツイート文とハッシュタグの文章を作成しています。
https://twitter.com/intent/tweet?text= のあとにツイート文章を連結し、
&hashtags=# を連結しています。

このスクリプトからブラウザを立ち上げると、このようになります。

ツイッターに書き込む.png
自動でツイート文が入力された状態になりました。
url にハイスコアなどの変数を仕込めば、気軽にゲーム結果の共有などができます。
Unityで開発したゲームをたくさんの人に遊んでもらうためには、Twitter Facebook といったSNSを使った拡散が非常に有効です。

Application.OpenURL の紹介でした。
今回ご紹介した実装は、最も簡素な方法ではありますが、あると無いとでは後々違ってくると思います。