【Unity】ビルドしようとしたら「Missing Project ID」が出る!?すぐ直せます

 UnityAdsを実装しているプロジェクトのUnityバージョンを上げたら、ビルド時に「Missing Project ID」というメッセージが出るようになりました。Unity ServicesのIDがみつからんごって言っているのでしょうか。  『Celestial Ball』のiOS版アプリを開発するためにmacを導入して、さあやるぞって思ったらこれですよ。プルダウンをクリックして…

続きを読む

【進捗】KuroMikanプロジェクトの進捗状況

 どうも、KuroMikanです。最近新たなプロダクトをロンチできていませんので、今回はKuroMikanが制作している各プロジェクトの進捗状況、及び計画のメモを公開します。Unity開発エントリーをお求めの方は読み飛ばしてもらって構いません。 KuroMikanの各プロジェクト状況まとめいらいらバスケットCelestial Ball3DアクションRPG(仮)放置育成RPG(仮)その他構想…

続きを読む

【Unity】OnDrawGizmosで3D空間に扇状の範囲を描く

 🔍敵の視界に入ったときだけ反応させたい!Vector3.Angleで実現するというエントリーで、敵に視野を設定して、検知用コリジョンに侵入しても視界の外であれば反応させない、という視界検知の方法を紹介しました。そのエントリーの最後で敵の視界を視覚的に見せるために、3D空間上の範囲に色を塗りました。今回はその方法を紹介します。 OnDrawGizmosで3D空間に扇状の範囲を描く実装方法他…

続きを読む

【Unity】ポーズ機能を実装する方法

 今回はポーズ機能を実装する方法をご紹介します。アクションゲームなどを制作していると、時間を止めたいと思うことがあるでしょう。例えばメニュー画面を開くときなどです。Unityには Time という時間を司る神様がいらっしゃるので、その神様に働いてもらいます。 ポーズ機能を実装する必要なパーツの準備ポーズ機能をつくる必要なパーツの準備1) ポーズする Button を追加します。 ヒエラルキ…

続きを読む

【Unity】超シンプルなボタンスクリプト!ボタンにアタッチするだけ!

 ボタンは制作頻度が高い割に実装がめんどくさいパーツの一つです。🔍Buttonクリック時に呼び出すスクリプトを共通化する方法というエントリーでは複数のボタンを1つのスクリプトで記述する方法を紹介しました。シーン内にいくつもボタンを配置する時には特に重宝する方法でした。  今回は、逆パターンで「1つのボタンをできるだけシンプルに実装する方法」を紹介します。とりあえず遷移するボタンが配置できれ…

続きを読む

【Unity】敵の視界に入ったときだけ反応させたい!Vector3.Angleで実現する

 つい先日、🔍NavMeshで敵キャラが自キャラを追跡するようにするというエントリーで、感知用コリジョンを使って「プレイヤーが一定距離に近づいたら敵が反応する」というロジックを紹介しました。感知用コリジョンに侵入したら問答無用で反応しますので、敵の背後から近づこうがお構いなしでした。今度は敵に「視野」の概念を導入して、敵の視界に入ったら感知するという風に改造したいと思います。 敵の視野を実…

続きを読む

【Unity】NavMeshで敵キャラが自キャラを追跡するようにする

 敵キャラが自キャラを追跡する最も簡単なロジックは、「自キャラに向かって敵キャラを移動させること」だと思います。すると大抵の場合、自キャラとの間にある障害物に引っかかってしまい、動けなくなってしまうことでしょう。そういうゲームならいいんですが、できればもう少しスマートに移動させたいですよね。  Unityには、目標地点までの経路探索を行う「NavMesh」という仕組みがあります。NavMe…

続きを読む

【Unity】コピペで動く!isGroundedが接地しない問題をRaycastで解決するぞ

 CharacterControllerの問題児「isGrounded」が信用ならないので自分で実装しよう、という話です。  以前、🔍CharacterControllerのisGroundedは初期状態では false でファイナルアンサー!というエントリーで、isGroundedの接地判定がザル過ぎて使い物にならない!という話をしました。その中で改善案としてLinecastで判定を取る…

続きを読む

【Unity】Unity 2019.4.x で Standard Assets のエラーから逃げずにちゃんと修正する

 以前、🔍Unity 2019.3.x で Standard Assets のエラーを華麗に回避するというエントリーで、Standard Assetsのエラー回避方法を紹介しましたがその時は該当のファイルを消すというストロングスタイルな対応を行いました。確かにこれで動くのですが、該当のファイルが存在しないのですから、そのスクリプトにアクセスする機能は使えなくなってしまいます。  そこで、今…

続きを読む