【Seesaaブログ】SEOの鍵を握る「meta description」の設定が問題ありすぎたのでGoogleさんに任せることにした

どうも、KuroMikanです。
今回は検索エンジン最適化(Search Engine Optimizationのお話です。

検索エンジンの検索結果は基本的に「ページタイトル+スニペット(ページ説明文)」になっています。
スニペットの内容はmetaタグの description が関係しています。
検索者的には、自分が求めている内容と「スニペット = description 」が合致したサイトを訪問したいと思うはずです。

ところが、Seesaaブログの検索結果の「スニペット」は
「タイトル+ブログ説明」という構成になっています。

検索結果.PNG

特に赤枠部分に関しては全ページ同じ内容が記載されるという狂気っぷり。
SEO的には適切な description が記載されていないページは上位表示されにくいそうです。
表示されたとしても、そもそも記事の内容がわからないため、なかなかクリックまで結びつきそうにありません。
それもこれも全部、メタタグ部分の description が適切に記入されていないせいです。

meta description の表示文字数は
  • PC = 120文字くらい
  • スマホ = 50文字くらい
らしいです。
そんな限られたスペースにタイトル入れて重複させつつブログの説明をぶっこむストロングスタイル。

「じゃあ記事ごとに description を変えたらええやん」と思うんですが、
Seesaaブログにはそんな機能はありませんでした。
※普通さ、記事本文の冒頭数十文字を入れられたりするやん。マジで無い。

description に記事の「extra keyword」を入れたりと工夫を試みたのですが、どうもしっくりこず・・・。




そこでKuroMikanがとった行動は

「descriptionを消してGoogleさんに任せる」

カスタムしづらいdescriptionなんか捨てちまえ!

具体的にはこうです。


ブログ一覧から、デザイン > CSS/HTML編集 > お使いのデザインタイトル をクリック。
HTML編集で <meta name="description" ~> を見つけて、下記のように書き換えます。
<% unless page_name eq 'article' %>
<meta name="description" content="<% if:extra_title -%><% extra_title | nl2br | tag_strip | remove_emoji -%>,<% /if -%><% blog.description | nl2br | tag_strip | remove_emoji -%>" />
<% /unless %>
こうすることで、ブログトップなどではいつもの description が表示され、
各記事では description が表示されなくなります。

description の無いページを見つけたGoogleさんは
なんと自分で関連語句を見つけてスニペットを作ってくれます!

ただし、反映までに1週間以上掛かったりするそうなので
検索結果に変化がありましたら、また記事にしようと思います。