プランナーがハイパーカジュアルゲーム開発はじめました。

冷やし中華はじめました的なやつ。

どうも、KuroMikanです。

普段は都内のゲーム会社でスマホゲームの運営を担当しているプランナーです。
よく「小学生のなりたい職業ランキング」で上位にランクインされる「ゲームかいはつしゃ」というやつです。
好きなことを仕事にするのってどうなのって稀によく聞かれるのですが、結論楽しくやれています。
仕事はゲーム、趣味もゲーム状態なのですが、普段のプレイがそのまま仕事に結びつきます。
遊びながら「あ、この機能いいな。仕様書かいてみよ」とかよくあります。
つまり仕事中にゲームしていても怒られません。(勿論限度はあるよ!)

そんなKuroMikanさんですが、本業の反動か何かによって「ゲームってもっと気軽に作ってもよいのでは?」と思うようになり、個人的にUnityを使って個人的にスマホゲームを制作・公開するに至りました。
このブログでは以下の記事を書いていこうと思っています。

①Unity開発記録

その昔、PerlやC++、ActionScript3などでゲームを制作しては一部で公開していたKuroMikanさん。
しかしUnityではズブの初心者であったため、まず写経からはじめました。
写経を終えると一本のアプリケーションらしきものが生産されるわけですが、そこから魔改造して「ゲーム」に仕上げていきます。
その過程で初心者なりに色々な壁にぶち当たりましたので、そういう所を記事にしていければいいなと思っています。
LISTの使い方を何度もググるレベルで忘れやすいので、自分用の備忘録的な所もあります。
特にCRI WARE「ADX2 LE」の64ビット化対応とか死ぬほどハマったので、いずれ記事にしたいと思います。

あとは、ゲーム収益化の方法についてもみなさん興味があるジャンルの話題かと思いますので、そちらも触れていこうと思います。
サラリーマンの副収入とか、みんな好きでしょ?

②プロダクトの紹介

KuroMikanが製作しているゲームの紹介だったり、公開済みのゲームを紹介したりしようと思います。
まずは最初の1本をGooglePlayに公開したところですので、近いうちに記事にしようと思います。

基本は「ハイパーカジュアルゲーム」を開発していこうと思っています。
まずは教本サンプルの魔改造でスキルを磨き、いずれオリジナルゲームを作っていきます。
最初のうちは既視感がある何かをラフな感じで産み落としていきますので、ご容赦ください。

さっと遊んでゲラゲラ笑って共有とかしちゃって、ある日すっと素に戻ってアンインストールする・・・僕はそんな存在でありたい。

③いちゲーマーとしての話

最近遊んでいるゲームの話や、個人的殿堂入りゲームの思い出話などを合間合間に差し込んでいこうかなと思っています。
自分自身の整理も兼ねてという感じです。

軽く思い返せば、人生で初めて遊んだテレビゲームは「スーパーマリオブラザーズ」でした。
父が会社の同僚から借りてきたファミコンをテレビに繋いでプレイした記憶は忘れられません。
そこからRPGの魅力にどっぷりハマって授業をおろそかにしたり、格ゲーを通じておねいさんに片思いしたり、音ゲーの全国大会に出場したり、MMOでリアル住所を晒されて警察沙汰になったり(!?)しながら生きてきました。
そんな中で思い入れの深いゲームといえば、
  • ファイナルファンタジーII&XI
  • サイキックフォースI&II
  • ドラゴンフォースI
  • 戦国ランス
  • ラストレムナント
あたりです。いずれ思い出を記事にするかもしれません。


そんなゲーム好きが講じてゲームプランナーになって思うことは
ゲームアイデアの源泉って結局他のゲームなんだよなあ みつを

n6945ed1bdc95b62c.jpg

以上、よろしくお願いいたします。